法的に有効な浮気の証拠とは

もし、あなたの目的が婚約破棄や離婚、慰謝料の請求などの場合、浮気の証拠や不倫の証拠となるものは、あなたが見つけた確実(と思われる)証拠だけでよいのでしょうか?

たとえ、その証拠で浮気や不倫を認めたとしても、それで相手が婚約破棄や離婚を認めるかというと必ずしもそうではないのです。

それで裁判にでもなったなら、その浮気の証拠というのは法的にも有効なものでなくては意味がありません。


では、法的にも有効な浮気の証拠とはどんなものでしょうか。


法的に”浮気である”と認定する基準としては、浮気相手との間に性行為があったかどうかというところがキーポイントになります。

法的に『不貞行為』とは性行為があった場合のことを指し、そのためパートナーが相手との間に性行為をもったということが証明できるものが証拠として法的にも有効ということになるからです。

そういうことから、一般には
・浮気相手とラブホテルに入るところの写真
・車内や屋外などで性行為に及んでいる写真
などがあれば決定的な証拠となります。

しかし、一度限りでは証拠として弱い場合もありますので、継続的に関係が続いていることを証明できるようなものであればなお法的証拠としての有効性は高くなります。

したがって普通のホテルや相手の自宅の場合でも、
・複数回に渡って滞在していることが確認される
・ホテルや自宅に入ってから出てくるまでの時間を記録する
などで法的に不貞行為の証拠として有効とされる場合もあります。

ただし、よくあることで注意をしなければならないことは、盗聴や盗撮、相手の携帯やパソコンのメールを勝手に見るなどの行為は、行為自体が問題になり、そこから得られた証拠は法的には無効となる可能性が高くなるということです。

証拠の入手方法にも、証拠が法的に有効化どうかが左右されますので、気をつけましょう。

違法調査、不正な個人情報入手をしない探偵事務所なら

5633